報告(レポート)   ~ 平成30年度 ~
 
報告書(レポート) 平成30年度
12
2018/07/08

柏の葉アカデミア講座Ⅰ

| by 事業振興課01
7月8日(日)千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター室長の先川原 正浩 氏を講師に迎え、「柏の葉アカデミア講座Ⅰ」を実施しました。テーマは「ロボットと暮らす未来社会~ロボットと人工知能は人の仕事を奪うのか?」。これまで多くのテレビ番組に出演された先川原氏。テレビ番組に出演された際の映像をまじえながら、ロボワンやロボカップの変遷、最新技術のロボット、産業用ロボットなど、多岐にわたって講演くださいました。

【参加者の声】
・ロボコンのアイディアに生かしたい。
・ロボットと過ごす社会を想像しやすく、ロボットを見ていて癒されました。
・流行に流されず、思考を止めずに勉強していきたい。
・とても楽しい講座をありがとうございました。
・映像を中心にとても分かりやすかったです。
14:27 | 知識・技術
2018/07/03

第2回 保護者のためのプログラミング講座

| by 事業振興課03
7月1日(日) 午後1時30分から午後4時

CoderDojo Kashiwa代表の宮島衣瑛氏を招き、平成32年度から始まる小学校でのプログラミング教育について先取り体験することで、その理解を深めるための講座です。
第2回となる今回は実習を中心にし、ミニゲームをつくりながらScratchに触れていきました。

①実習「Scratch初級編 かんたんなミニゲームをつくろう」
 かんたんなミニゲーム(ねこたたき)をScratchで作成しました。講師の先生の丁寧な説明に加え、実技指導員からの支援も受けながら、初めての方も含め、安心して受講することができました。ミニゲームの大枠が完成した後は、各自が思い思いの改良を加えていました。作品を共有する場面では、ユニークな作品に、会場には笑いが溢れました。

②ディスカッション「小学校におけるプログラミング教育」
 実習だけでなく、これから行われる小学校でのプログラミング教育の目指す方向性や具体例などについて、講師の先生から詳しい説明を受けました。受講者の方からは、既存の教科との違いについての鋭い質問が出されるなど、実りある時間となりました。
 


★受講したみなさんの声★
・Scratchに関して知識がないので、今回のような進め方は、安心して受講できた。
・とてもわかりやすく、初心者にも理解しやすかった。
・単にScratchを扱うだけだと思っていたが、プログラミング教育の意義についての深い話が聞け、大変興味深かった。
・実習目的で受講したが、貴重な話も聞けるので、さらに参加して良かったと思えた。
・プログラミングについて自分がまず理解し、そのツールの面白さをダイレクトに子どもたちに伝えたいと思った。
・子どもに良いきっかけを与えたい。
・このような教育を受けられる、今の子どもがうらやましい。親である私も、新しい考え方をしっかり受け入れ、理解していきたい。
・幅広い活動をされている講師の方の、話のわかりやすさ、知識の多さに驚いた。
06:48 | 知識・技術
2018/07/02

子どもチャレンジプロジェクト 出発式

| by 事業振興課03
6月30日(土) 午前10時から午後3時

様々な地域から集まった「新しい仲間」とのたくさんの体験活動や、子どもたちの自由な発想を生かした自主イベントを企画運営することで、未来を生き抜く力を育んでいくプロジェクトです。
この日はこのプロジェクトの第1回。総勢37名の元気な子どもたちでスタートしました。初めてのメンバー同士も、すぐに仲良くなっていました。

①出発式、保護者説明会
 緊張の面持ちで集まったメンバーたち。名札を書いた後は、床に、壁に、自由にシールを貼って遊びました。出発式では、メンバーの子どもたちとその保護者、プロジェクトを支えるスタッフが一堂に会し、9カ月に渡るこれからの活動への意気込みを共有しました。
 

②炊飯実習、みんなで交流
 炊飯器ではなく、大鍋でご飯を炊きました。水の量の調整、ガス火の点火など、初めてのことばかり。炊きあがりは、やわらか過ぎたりお焦げができたりとまちまちでしたが、自分たちの力で炊いたご飯はどれも最高でした。家から持ち寄った缶づめをおかずにし、おいしくいただきました。
 

③お弁当づくりの説明、七夕短冊づくり
 これから始まるお弁当づくりに向けて、管理栄養士の
サポーター(子チャレ卒業生)から、バランスのよいお弁当について学びました。どんどん質問が出て、これからのお弁当づくりへの意欲が伝わりました。
 氷おにや七夕短冊づくり、サポーターと触れ合うなど、思い思いの時間を過ごしたメンバー達。新しい仲間にも徐々に慣れ、みんな笑顔での解散となりました。
 

23:35 | 体験活動
2018/06/27

体験活動ボランティア活動入門講座

| by 事業振興課03
6月23日(土) 午前10時から午後3時20分

ボランティアを始めようと思っている方や興味のある方を対象とし、ボランティアの基本や身近に出来るボランティアについて学び、ボランティアに参加しようとする意識の向上を図るための講座です。
県内各地からたくさんの参加があり、とても充実した学びの場となりました。

<午前の部>
講義「ボランティア活動の基本を考える」
 高校生向けの講座「高校生のためのボランティア体験」との合同で行われました。
 一般財団法人富士福祉事業団理事長の枝見太朗氏を招き、ボランティア活動の歴史的背景やその5原則について学びました。世代の異なる受講者それぞれに向け、興味のある話題を提供していただき、時折笑い声がおこる、和やかな雰囲気で講義が行われました。
 「"ありがとう"と言われなければボランティアをやらないのか。」無償性について考えさせる問いを始め、重要なメッセージが散りばめられていました。

<午後の部>
講義「東京2020大会に向けたボランティア はじめの一歩」
 県民生活・文化課の仁平貴子氏を招き、東京2020大会に向けたボランティア活動について学びました。過去の大会におけるボランティアの方々の生き生きとした様子が紹介され、東京大会でのボランティアのイメージを各々つかむことができたようです。
 自分たちの考えるボランティアプログラムをグループで話し合ったときには、短い時間の中でも様々な意見が交わされ、充実した交流活動となりました。
 


★受講したみなさんの声★
・誰にも束縛されない、辞めるのも自由ということがわかり、ボランティアに参加するハードルが低くなった。
・「誰かに必要としてもらえることが幸せ」というボランティアの考え方に、なるほどと感じた。
・改めてボランティアについて考える機会をもて、具体的に動き出すきっかけになった。
・ボランティアには多様な内容があることに気づき、地域活動に生かしていきたい。
・「東京2020大会では、ボランティアに必ず参加するぞ」、と自分自身で確信することができた。
・自分に何ができるか考えるきっかけとなり、ボランティアへのエネルギーともなった。
・高校生との交流では、座席の配置に工夫があり、世代の異なる同士の意見交換ができた。
・年齢幅が大きい中で情報交換ができ、楽しかった。大変有意義な時間となり、若さをもらった。
10:44 | ボランティア活動
2018/06/27

第2回高校生のためのボランティア体験講座(柏会場)

| by 事業振興課03
6月23日(土) 午前10時から午後4時30分

第2回高校生のためのボランティア体験講座(柏会場)を
実施しました。
午前中は、一般の方向けの講座「体験活動ボランティア活動入門講座」との合同で行いました。異なった年代の方々と交流する機会もあり、お互い刺激を受けているようでした。
午後の福祉ボランティア体験会では、ボランティアされる側とする側の双方を体験し、互いの気持ちを考えました。

<午前>
①講義「ボランティア活動の基本を考える」
 一般財団法人富士福祉事業団理事長の枝見太朗氏を招き、ボランティア活動の歴史的背景やその5原則について学びました。経験豊富な方からの話に、時間を忘れて聞きいる姿が見られました。
 「"ありがとう"と言われなければボランティアをやらないのか。」無償性について考えさせる問いを始め、重要なメッセージが散りばめられた講義となりました。

<午後>
②実習「福祉ボランティア体験会」
③ワークショップ「ボランティア活動計画作成」

 千葉運輸支局、柏市社会福祉協議会、柏市北部地区社会福祉連合の協力のもと、福祉ボランティアの体験会を行いました。
〇福祉車両体験(ロータリー)
 福祉タクシーや福祉バスへの乗車介護を体験しました。
〇視覚障害疑似体験(館内)
 アイマスクを着用し、白杖とペアの介助で館内を歩行する体験をしました。
〇福祉機器体験(県民ギャラリー)
 最新の福祉機器に触れ、これからの福祉について考えました。
 

★受講したみなさんの声★

・マザーテレサの言葉や枝見さんの言った言葉が心に残り、ゾクゾクっと感動した。
・とてもためになる話だった。マザーテレサのいない時代に生まれてしまったことが悔しい。
・ボランティアはやるのもやめるのも「自由」だと知り、すごく身近なものだとわかった。最後までやり遂げようと思えた。
・他の年代の方とたくさん話すことができ楽しかったし、良い雰囲気だった。
・普段「あたり前」だと思っていたことが、他の人にとっては「あたり前」ではないことを体験できてよかった。
・障がいをもっている方の目線になって考えることができた。
・目や体の不自由な方と、そのサポートをする方の気持ちや大変さに触れることができた。
・困っている人がいたら声をかけるなど、自分のできることを積極的に取り組みたいと思った。
・介護に必要なのは、一つ一つの介助を相手に伝えること、相手ができることは介助しないことが大切だとわかった。
・点状ブロックや線状ブロックを気にしていなかったけど、アイマスクをすると距離が長く感じたり、ブロックがとてもたよりになることがわかった。
09:45 | ボランティア活動
2018/06/26

ヤングパワームーブメント2018 第4回

| by 事業振興課08
 前回の活動では、こんぶくろ池を「まちづくり」に活用することに受講者の考えがまとまりました。それを踏まえて、今回は、こんぶくろ池を管理されている「NPO法人こんぶくろ池自然の森」の代表の方へのインタビューと、柏の葉キャンパス駅やこんぶくろ池で一般の方にアンケートをとりました。活動を通じて、受講者の予想とは違った調査結果も出ているようです。次回は、この調査結果を受講者が自分たちでまとめることになります。


17:28
2018/06/26

第1回 パソコン講座「すぐに使えるパワーポイント」

| by 事業振興課08
 当日は講師を務めていただいた上杉さんを含め、パソコンボランティアの方々のサポートを受けながら、受講者はパワーポイントを使用した年賀状やプレゼンテーションの作成に取り組みました。講座中、講師やパソコンボランティアに対する質問が多く、受講者のパワーポイントに対する関心の高さが伝わる充実した講座となりました。

◎受講した皆さんの感想◎
 ・今回の実践講義のように一連のテーマの流れにそった講座が良い。 
 ・ボランティアの方に感謝です。

 ・ポスターを作りたい。
 ・また、このような講座があれば、参加したい。
 ・職場内の会議資料を作成したい。
16:36
2018/06/26

アゴラマンスリーコンサート(We are the JAPAN・みつゆめびと)

| by 事業振興課01
アゴラマンスリーコンサート 6月
(We are the JAPAN・みつゆめびと(hime))




6月24日(日曜日)に、アゴラマンスリーコンサートを行いました。
出演は「We are the JAPAN」と「みつゆめびと(hime)」。
5人組の「We are the JAPAN」は、『かごめかごめ』などのオリジナル曲を披露してくれました。「みつゆめびと」は2人組ですが、ギター演奏者が自転車で演奏旅行に出かけているため、himeがソロでのピアノ弾き語りを披露してくれました。
来場者からは、「若者に元気をもらいました。」「生で聴けたので堪能できました。」などの感想をいただきました。

7月は15日です。出演は2人組の「駒木台ベルズ」。トロンボーンとホルンでのコンサートです。ぜひ、お越しください!!
09:52 | 芸術鑑賞
2018/06/24

講師力養成講座

| by 事業振興課04
講師力養成講座を開催しました。
実施日:平成30年6月24日(日曜日)
この講座は、地域で活躍されている方や今後、地域での活動を広げたい方等を対象に、講師としての心構えや留意点、講座企画力等、講師に必要な力を高めることを目的としています。

20:45 | 生涯学習研修
2018/06/20

第1回高校生のためのボランティア体験講座(柏会場)

| by 事業振興課03
6月16日(土) 午前10時から午後4時30分

第1回高校生のためのボランティア体験講座(柏会場)を
実施しました。
県内の高等学校から、ボランティア活動に対して関心・意欲を持った高校生が集まりました。
緊張の面持ちで参加した13校、総勢32名の高校生たちでしたが、簡単なゲームで交流したり、話し合い活動を行ううちに、次第に表情もほぐれた様子でした。

<午前>
①オリエンテーション
②ワークショップ「ボランティア活動を考える」

 オリエンテーションでは、全6回の内容を確認したり、簡単なアイスブレイクゲームで交流したりしました。
 また、ボランティア活動について個人で考えたり、グループで交流したりする時間もありました。ボランティアと一言で言っても、それぞれに様々なイメージをもっているようでした。

<午後>
③講義「東京2020大会におけるボランティア活動について」
④ワークショップ「ボランティア団体との交流」

 県民生活・文化課の仁平貴子氏を招き、東京2020大会に向けたボランティア活動について学びました。ボランティアプログラムをグループで話し合うなど、生き生きと活動する様子が見られました。
 また、6つのボランティア団体を招き、各団体でのボランティア活動の様子について話を聞いたり、受講生から質問したりと、積極的に交流することができました。

 

★受講したみなさんの声★

・極度の人見知りだが、アイスブレイクやグループワークのおかげで、他の受講生ともすんなり話すことができた。
・ボランティアとひとくくりに言っても、様々な種類があり、興味深いと思った。
・みんなの価値観を知れたり、ボランティアに対する意欲がとても伝わったりと、有意義な時間だった。
・各自で行う夏休みのボランティア活動にはまだ不安はあるけれど、いろいろな職員の方がいるので安心した。
・東京2020大会はテレビの中だけだと思っていたけれど、自分でも参加できる身近なものだとわかった。
・実際にこれから自分達が活動するためのイメージがわいてよかった。
・自分の世界には全くない話が聞け、視野がとても広がった。今後の活動もがんばろうと強く思った。
・ボランティアについて集中して考えることは一人ではできないので、良い時間になった。
・自分に興味のない分野の話を聞くことで、新たな発見と興味をもつことに繋がった。
・全く違う学年や学校、大学生など、人それぞれの考え方を聞けたのは、良い経験になった。
・ボランティアは「"目に見えない大切なこと"を教えてくれる夢の場だ」と聞き、とてもわくわくした。
18:40 | ボランティア活動
12
講座・イベント情報
報告(レポート)
 
ちばネット手帳.pdf

印刷については、
「 
小冊子印刷 」で御利用いただけます。
 

PageTopへ戻る

     
 さわやかちば県民プラザサイトマップ お問い合わせ
 〒277-0882 千葉県柏市柏の葉4-3-1個人情報保護方針 
 TEL:04-7140-8600サイトのご利用について
  Copyright © 2016 さわやかちば県民プラザ